朝日新聞の一面に驚き、AV女優に慄く

このブログもアクセス解析ができる。それによってどういうキーワードでこのページにたどり着いたかがある程度わかる。


まあたいてい「ギャラリービブリオ」とか「蕃茄庵」とか僕の本名だったりするのだけど時々、「小松みゆき」というキーワードや画像でここに来られる方がある。


この方である。


アイドル黄金伝説 小松みゆき


元AV女優にして今や演技派女優の小松みゆきさん(代表作『新・バブルと寝た女たち』)。



が、申し訳ない、ぼくはこの人のことは知らない。僕がこのブログでかつて言及したのは別の小松みゆきさん。


もう7年前にもなるが、僕はベトナムに行った。業界団体の視察旅行の添乗員だった。


ベトナムに行く前、僕はベトナムに関する何冊かの本を読んだ。


よく「旅に余計な知識は不要。かえって邪魔。感性の赴くまま旅をする」という人がいる。それはそれで否定する気はないのだが、ぼくはそんなに感性に自信がないので、可能な限り本を読む。知識が勘の鈍さをカバーしてくれる。


読んだ中でもっとも面白かったのが、小松みゆきさんの本だ。上でご紹介した小松さんとは全くの別人。フリーライターの小松みゆきさんが自費出版で出した本。


80歳を過ぎて認知症となったお母さんと一諸にベトナムはハナイに移り住んだ小松さん自身の体験記。


雪の越後をあとにしてはじめて外国に来たおかあさんが、ベトナムののんびりと優しい人々に囲まれて、ゆっくりと心がほぐれていく様子が実にほほえましい。


徘徊して行方不明になっちゃったり骨折したりしてハラハラもさせられるのだけど、周りの人に助けられて機嫌よく暮らしていく・・・。


なんとも温かい本。お母さんとベトナムのおばあさんが言葉などまるで通じないはずなのに意気投合しちゃうエピソードなど、読んでいるうちにベトナムベトナムの人が好きになってしまう、はず。年長者を大切にするのはアジアの美風である。


小松みゆき著『越後のBaちゃんベトナムへ行く』




自費出版本で極めて入手は困難だったがとてもいい本だった。こんないい本を埋もれさせておくとは出版界も見る目がない、と思い切り自分のことは棚に上げて憂いた。そのブログ記事のためにAVの小松みゆきさんについて検索した人が来られたのだろう。



そのぐらい、話題にする人が少なかったと言えよう。だからこそ入手困難なのだろうけど、惜しいなあ、惜しすぎる。



そうしたら具眼の士はいた。


このたび映画化が決まった、というのが今日の朝日の夕刊の第一面だった。



しかも主演は日本を代表する大女優の松阪慶子さま。しかもお母さん役は大好きな草村礼子さん。監督は大森一樹さん。



うれしい。これは必ず見に行こう。


でも本はあいかわらず手に入りにくいみたい。尼損でみたら中古で14,607円もしやがった。でも映画の公開にあわせてどこかが出すとは思うけどね。




☆ ★ ☆ ★ 追 記 ☆ ★ ☆ ★

ここで買えるみたいです。(←クリック)





・・・開講中・・・・・・・

達人に習うハモニカ教室。次回は2月7日。


關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!




・・・開講中・・・・・・・

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!
中国語いとも簡単教室  

小学生対象・放課後の英語教室「きらりキッズ」。
關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!

◎◎ ◎◎ ギャラリービブリオ公式サイト ◎◎ ◎◎

国立駅前。展示、ワークショップ、会議にご活用ください。

ギャラリービブリオ 
  ↑クリック!!

・・・・・・・・・・・・・・・

ご意見、ご希望は下の「コメントを書く」欄へ。内密な話やイベント申し込みはメール


1906475

東金砂神社仁王像開眼祭

朝、五時半に起きて7時に大学通りに。すでに精鋭60人が集合。バス2台、乗用車に分乗して行ったのは茨城県常陸太田市。その山中に鎮座する東金砂(ひがしかなさ)神社。



その山門の仁王像の開眼式のツアーに参加したのだ。



東金砂神社は延暦年間(9世紀初頭)の創建。山門にはかつて、仁王像が納められていたが、幕末の天狗党の乱や明治政府による廃仏毀釈などの混乱でなくなっていたという。



それを憂いた地元のお蕎麦屋さんのご主人がこのたび寄進した。制作したのは国立在住の仏師・関頑亭先生。国宝、つまり国立の宝である。技法は漆を何度も塗り重ねる「脱活乾漆」。天平時代には盛んに行われていたがいつしかとぎれていたものを残された破片から試行錯誤の末、先生が復活させた。



5年かけたその大作がこのたび完成して披露されるのである。国立市民として黙っていられますか、ということで結成されたのが今回のツアーであ。


先日の大雪がまだまだ残る山中で途中からはバスも入れず、タクシーでピストンしたり、斑雪(はだれゆき)の山道を歩いたりして予定よりも大きく遅れつつ昼近くになって到着した。


全員が揃ったところで宮司さんが来られて式典。まずは除幕式。寄進者の小川さんや頑亭先生に加え、佐藤一夫国立市長、嵐山光三郎先生らによって綱が引かれその姿をあらわにした。市長と嵐山先生の参加は先月の当廊での宴会で盛り上がる中の勢いで決まったらしい。


つづいて玉串奉納。



すがたをあらわした仁王像は身長約2メートルの美丈夫。写真はその阿形(あぎょう)の横顔。



式典終了後は寄進者の小川さんのお店での直会(なおらい)。つまりお祝い会。



この小川さん、ただのお蕎麦屋さんではない。大変に著名なそば職人である。


小川宣夫の蕎麦・饂飩指南 粗挽き蕎麦と石臼挽き饂飩

小川宣夫の蕎麦・饂飩指南 粗挽き蕎麦と石臼挽き饂飩


キュッと引き締まった細切りのそばで香り高くうまい。地元産の蕎麦の実でうたれているという。



帰りも約4時間かけてかえった。お休みの日とはいえ、たちまち60人のツアーが組まれるなんて、さすが頑亭先生だなあ。



帰途寄った常陸太田市内の老舗風和菓子店で株式会社サトウの佐藤収一社長に買ってもらったヨモギ餅が帰宅したら、ない。車中に忘れたか。美味しそうだったのに実に悔やまれる。


・・・・・・・もうすぐ開催・・・・・・・・・・・・・・

収蔵展「“ガロ系”の表現者たち part3」

ピッキーと ←クリック!!


・・・・・・・開講中・・・・・・・

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!
中国語いとも簡単教室 英語多読教室くにたち 
關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!

◎◎ ◎◎ ギャラリービブリオ公式サイト ◎◎ ◎◎

国立駅前。展示、ワークショップ、会議にご活用ください。

ギャラリービブリオ 
  ↑クリック!!

・・・・・・・・・・・・・・・

ご意見、ご希望は下の「コメントを書く」欄へ。内密な話やイベント申し込みはメール

氷雨の巣鴨

大川栄策の話をしていたと言うのに朝から氷雨


香山明生の話などしていないと言うのに。




日野美歌の話などしていないと言うのに。



氷雨の中、巣鴨に。


とげ抜け地蔵に参拝ではない。僕は体に不随意なところはあるが、痛いところはない。


かといって「巣鴨の赤パンツ」を買いに行った訳でもない。


ピッキーと ←クリック!!


児童書出版社、福音館書店へ。あと一ヶ月と迫った「ピッキーとポッキー」展の打ち合わせ。当たり前だけど共通の知人が多くて話もしやすかった。


帰り、いつもだったら駅前の「福福饅頭」に行くのだけど、今日は次があるのでパス。


福福饅頭は小ぶりな肉まんとあんまん。120円。皮がふつうの中華まんと違い「カルカン」風。貧乏時代の水木しげる先生が、この近辺の貸本出版社に漫画原稿を持ち込んでお金がもらえると一個買ってプチ贅沢、という逸話が残っている。


このあと六本木で用事があるので地下鉄へ。三田線に乗って日比谷で乗り換え。


一仕事終わってちょっと一息、自販機でお茶でも買おうと思ったら衝撃。




嗚呼、財布がない・・・・・。



(明日に続く)


・・・・・・・・もうすぐ開催・・・・・・・・・・・・・・

ピッキーと ←クリック!!



・・・・・・・開講中・・・・・・・

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!
中国語いとも簡単教室 英語多読教室くにたち 
關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!

・・・・・・・好評発売中・・・・・・・・・

カレンダー ←クリック!!

◎◎ ◎◎ ギャラリービブリオ公式サイト ◎◎ ◎◎

国立駅前。展示、ワークショップ、会議にご活用ください。

ギャラリービブリオ 
  ↑クリック!!

 
・・・・・・・・・・・・・・・

ご意見、ご希望は下の「コメントを書く」欄へ。内密な話やイベント申し込みはメール

「ゆきづり」そして「うわき」

朝刊を見ていて思わずつぶやいた。




「ゆきずり」、そして「うわき」・・・




いやそっちじゃなくて、季節の話題として金沢兼六園の松の木の「雪吊り」のことを報じていた。


それをシンボライズした金沢銘菓に「YUKIZURI」と言うのがあると読書アドバイザー仲間のKさんに教えられたのは数ヶ月前。


ゆきづり ←クリック!!


対抗上、ぼくが紹介したのは島根銘菓「うわきまんじゅう」。


うわきまんじゅう ←クリック!!



両方ともぜひいつか食べてみたい。どちらかというと「うわきまんじゅう」のほうが好み。


さて、明日からは国立最大の祭り「天下市」。ギャラリービブリオで現在開催中の「山村浩二原画展」も天下市連動企画である。だからある意味、明日からが本番。



今朝の新聞には天下市のパンフレットが挟みこまれていた。


気になるお店が2軒。



なに? 「頑亭色紙」だと?



これはチェックせねばならんな。


なに? 「たこやき状ギョウザ」だと?



「たこやき風」じゃなくて「たこやき状」であるところが気になる。


これもチェックせねばならんな。


・・・・・・・・開催中・・・・・・・・・・・・・・

山村浩二絵本原画展『雨ニモマケズRain Won’t』
「雨ニモ負ケズ」展 ←クリック!!

・・・・・・・・もうすぐ開催・・・・・・・・・・・・・・

卓上マジック ←クリック!!

・・・・・・・開講中・・・・・・・

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!
中国語いとも簡単教室 英語多読教室くにたち 
關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!

◎◎ ◎◎ ギャラリービブリオ公式サイト ◎◎ ◎◎

国立駅前。展示、ワークショップ、会議にご活用ください。

ギャラリービブリオ 
  ↑クリック!!

 
・・・・・・・・・・・・・・・

ご意見、ご希望は下の「コメントを書く」欄へ。内密な話やイベント申し込みはメールで。

塀の中の文化祭

−−−−−−−−−−−−−−−−

おとなりの府中市の府中刑務所の文化祭にツレと行ってきた。テレビだったら「塀の中の文化祭」ってベタなタイトルをつけるところだけど、明らかに正しくない。あくまで塀の外。受刑者はこのイベントには一切関わりはない。官吏、職員およびその周辺の文化祭で、「築地で言えば場外」っていえばわかりやすいかな。



一日所長は島崎和歌子嬢。この微妙にトウのたった大人っぽい人選がシブくてらしくていい。


今年で35回目と言う。僕らが来たのは随分久しぶり。前回、来たときは一日所長が安倍里葎子(あべりつこ)だったことからもどれだけ久しぶりかが推察できよう。ただし安倍律子(あべりつこ)ではない。そこまで久しぶりではない。


行ったら門前にいきなりの長蛇の列。



オープン時刻を過ぎたのに微動だにしない。おかしいなと思ったのでツレが斥侯に行ったら閉鎖されたゲートに並ぶ人々だった。「このゲートはメインゲートよりも少し遅れて開きます」と言われたまま放置されている様子。


列を抜け出て、メイン入口に回ったら普通に入れた。


ただどこも大変な混雑で、長い列がたくさんできている。前回買って美味しかった「焼きたてコッペパン」も断念。


「府中麦飯食堂」に直行。「刑務所の食事を体験してみませんか」が謳い文句なんだけど、受刑者の食事を体験できるわけではない、無論。職員用食堂が開放されているだけである。ただ、ネーミングは上手いと思う。



メニューは厚揚げ旨煮定食とカレーライス。ツレが旨煮で僕はカレー。ともに500円カレーは先月の鉄道総研の食堂のほうがちょっと上だったかな。380円だったし。


食堂のホールでは「ちびっこ刑務官(制服姿)写真撮影」に列ができていた。なるほど、受刑者には手順さえを踏めば誰でもなれるけど、刑務官はちゃんと公務員試験に受からないとなれない。いいイベントだね。


そんな風景を興味深げに眺める長髪、長身、長スカートの男性。裁判傍聴芸人の阿曽山大噴火さんだった。裁判の次の行程に興味がすすんだか。去年の春、「ザ・コーブ」の試写会&シンポジウムで見かけた時は、裁判以前に興味が進んだかと思ったが。


そのあと各地の刑務所の作業製品の即売会に。どこも大変なにぎわい。僕は、どの商品も中野の矯正協会即売所に行けばいつでも買える事を知っているので冷静なものである。


ものであるが、


皮工芸の枕、折紙、台所洗剤、木工の壁掛け、ノート、スケッチブック、便箋、傘を買ってしまった。


ここでも阿曽山さんを見かけた。



画像は牛皮のパッチワークの枕。甲府刑務所の作品。1,200円。





<今日の一句>


秋風や 隔てる塀の なを高し


・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・
ご意見、ご希望は下の「コメントを書く」欄へ。内密な話はメールで。


人気ブログランキングリベンジ参加中。ぜひ1日1クリックください!!

 人気ブログランキングへ


「第2回くにたちコショコショ市」は11月27日(日) コショコショ ←クリック!!

蕃茄庵も出店します。屋号は「傾奇者と落伍社(かぶきものとらくごしゃ)」。

ポケットの中のタイムカプセル


人気ブログランキングへの応援お願いします。1日1クリックだけが毎日更新の源です。

人気ブログランキングへ


過去ログのうちダイエット関連の話題は こちらをクリックしてご覧ください。


過去ログのうち脳梗塞闘病&リハビリ関連の話題は こちらをクリックしてご覧ください。


−−−−−−−−−−−−−−−−

この季節、日中はジャージだったりするのだけど、今日は人と会う約束があったので、コットンのジャケットを引っ張り出して着た。


この秋、初の登板。つまり、春以来。


校庭なんぞに埋めなくても、これもちょっとしたタイムカプセルだ。


右のポケットからチラシが出てきた。


高幡不動尊 あじさいまつり」



うーーん、そんなところ行ったかなぁと思いつつ羽織ったら、チャリンという音。


左のポケットからレシートと小銭。文明堂高幡不動店で生菓子を買っている。品代84円。100円出して16円のおつり。うむ、金額もあってる。



日付を見たら6月19日。


記憶もすっかり溶けてしまって思い出せないので、その日のブログを引っ張り出してみた。あーあー、行っているよ、高幡不動。たしかに、あじさいまつりに行って、そのあとインドレストランに行ってる。


和菓子を買ったとも書いてある。そうそう、松盛堂で。


えっ、レシートは文明堂だよ。


そうだ、ブログには書いてないけど、松盛堂で高幡まんじゅうと歳三まんじゅう、歳三もなかを買ったあと、文明堂では「あげまんじゅう」を買ったんだ。


でもさすがに和菓子屋のハシゴは体裁が悪いので、松盛堂ではツレが買って、文明堂では僕が買ったんだ。その行動には、別に意味も意義も無いのだけどね。


ブログに書かなかったのはやはり和菓子屋のハシゴは体裁が悪いから。もっとも志ん生に言わせれば、


「体裁が悪いってトシかよぉ。体裁の方で“悪い”って言ってらぁ。(「宮戸川」)」


だねぇ。<今日の1句>


こしあんが 追憶の果てに 溶けし秋


・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・
ご意見、ご希望は下の「コメントを書く」欄へ。内密な話はメールで。



人気ブログランキングリベンジ参加中。ぜひ1日1クリックください!!

 人気ブログランキングへ


「とんがり書房」は10月29日(土)、30日(日)とんがり書房 ←クリツク!!


「第2回くにたちコショコショ市」は11月27日(日) コショコショ ←クリック!!

農村歌舞伎は思い出の中に

人気ブログランキングへの応援お願いします。1日1クリックだけが毎日更新の源です。

人気ブログランキングへ


過去ログのうちダイエット関連の話題は こちらをクリックしてご覧ください。


過去ログのうち脳梗塞闘病&リハビリ関連の話題は こちらをクリックしてご覧ください。


−−−−−−−−−−−−−−−−

朝日新聞の夕刊を見てちょっと驚き。


「ふるさと歌舞伎脈々と」と言う記事が一面を飾っていた。



夕刊とはいえ大朝日の一面を飾るなんて。


僕が30年前、このジャンルの研究をしていたのは以前も書いた通り。10箇所以上回った。

当時は資料なんてほとんど無かったから、民俗学の本から全国のお祭りを当たって、臭ったところの役場に電話したりして探した。楽しかったなぁ。いい時代だった、インターネットなんて身も蓋も無い無粋なものが無くて。


資料もないし、研究者もいないからノーライバルの言いたい放題で、どこに行っても歓迎してもらえた。女流義太夫三味線奏者の鶴澤寛也師匠とはそのときの仲間。僕は大学生だったけど師匠は幼稚園児だった(と付け足す約束になっている)。


新聞の一面を飾ったり、ましてや映画になるなんて想像もしなかった。今、地歌舞伎、農村歌舞伎を見て回ろうって根性は…、とてもありませんや。アナログ時代に育ったことを感謝するのみですわ。<今日の1句>


賑わいも 追憶となり 秋祭り


・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・
ご意見、ご希望は下の「コメントを書く」欄へ。内密な話はメールで。



人気ブログランキングリベンジ参加中。ぜひ1日1クリックください!!

 人気ブログランキングへ


「とんがり書房」は10月29日(土)、30日(日)とんがり書房 ←クリツク!!


「第2回くにたちコショコショ市」は11月27日(日) コショコショ ←クリック!!