耳猫冬市二日目。


今朝、スタッフの方が到着される前に会場に開錠に行ったら(すんません)、もうお客さんが見えていた。地方からのお客様。大好評「ギャラリービブリオ周辺マッブ 2013年2月9日改訂版」をお渡しした。国立の休日の「土産話」になるようなスポットを厳選。初号タイトルは「ビブリオ周辺時間つぶしマップ」。コンセプトはそれ。



今日も終日賑わった。僕は今日も隠密行動。



未確認情報によると最終日の明日は2時以降、っていっても入場は3時まで(閉店は4時)なのだけど、会員ルームと一般ルームを一緒にするらしい。数時間以内に長野さんのブログで正式発表されると思うので、古本者、特に紙モノ好きの皆さんはチェックの上、2時から3時の間にお越しください。下の画像をクリックすると長野さんのブログに飛びます。


關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!


速報!

 会員ルーム開放は午後1時に変更!


夜、「モヤモヤさまぁーず2」が立川。


立川はわが町・国立の隣町。かつては基地の町で僕の子供のころは若干、危険な香りがした。米兵も多かったし、男女ともに特殊な職業の人も多かった。小学校のころは友達同士で立川に行くことは禁止されていた。


同級生のヒックンやユタカが中武デパートの「フクオ」に切手だが古銭だかを買いに行ったことが発覚したときは大問題になった。「この問題についてどう思うかの親のコメントを全員もらってこい」なんていう馬鹿な課題を担任に出されて往生した。もちろん無視したけど。


でもそんなイメージの町だった。だからなんていうかなあ。中学で番を張っている隣のうちのお兄ちゃん、みたいな感じ。僕には優しいんだけど時々こわい様な気がする、みたいな。一方の国分寺は中学イチの秀才で生徒会の副会長をやっている隣のうちのお姉さんみたいな感じか。


それはともかく、「モヤモヤさまぁーず2」。知っている場所や知っている店や知っている人が出ていて面白かった。



あの不思議な洋食屋はよく行く小売もやっている紙問屋の隣だし、5本指ソックス専門店はこのブログでも以前紹介した


あの野球をテーマしたレストランは野球選手がよく来るので有名な店。特にパ・リーグ


西武球場で試合をした在阪チームの宿泊先が立川なんだってね。立川にはパレスホテル、帝国ホテル、グランドホテルがあるから。その人たちが来る、らしい。


立川っていうとチェーン店ばっかりというイメージがあるけどこうしてみると面白い店があるね。


では僕の携帯電話のデータから画像を一枚。


題して「暴走する絵心」




居酒屋さんの外壁、直接描いちゃってます。




立川市にて採集。



・・・・・・・3月開講・・・・・・・

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!